医療用ウィッグのお手入れ方法について知っておこう


医療用ウィッグを購入したら大切に使おうと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、手入れをしっかりと行わなければ通常よりも早く劣化が進んでしまいます。せっかく購入したらできる限り長く使用したいと思っている人が多いかと思いますが、長く使用するためには手入れが重要です。ここでは購入について検討している方のためにも手入れ方法について紹介します。

まず初めに使用後はブラシを使用して埃や毛がらみを取り除きます。中にはブラッシングをしない人もいますが、ブラッシングをしないとネットに穴が空いてしまったり、毛が絡まって抜け毛の原因になります。

通常はブラッシングだけでいいですが、使用頻度が多い場合はシャンプーをしましょう。シャンプーは髪の毛を洗うように行えば問題ありませんが、ここでの注意点としてはすすぎをしっかりと行うことです。すすぎを中途半端にしてしまうと髪の毛が傷んでしまったりして劣化してしまいます。シャンプーが終わったらトリートメントをしてすすぎます。

シャンプーとトリートメントが完了したらタオルドライを行います。水気をしっかりと取り除いたら自然乾燥させましょう。そしてブラッシング等をして整えましょう。ウィッグスタンドなどを利用すると綺麗に整えることができます。

医療用ウィッグはどの作成方法を選ぶ?


医療用ウィッグを購入しようと思っている人はそれぞれ目的なども異なるので選び方も違ってきますが、選ぶときの目安としては既製品、セミオーダー、フルオーダーの大きく分けると3つの作成方法が存在しています。医療用ウィッグはこれらの中から選ぶことになりますが、悩んでいる方のためにもここでは3つの特長について話します。

まず既製品についてですが、長所としてはスタイルが多く存在しているという点が上げられます。例えばその日のファッションごとに髪型を変えたいと思っている人もいるでしょう。ファッションとして使うなら既製品について検討するといいでしょう。

続いてセミオーダーについて紹介をしますが、長所としては顔に合うサイズにカットできるという点が上げられます。人の顔や頭の大きさはそれぞれ異なります。そのため、既製品だとぶかぶかになってしまい違和感がある感じになったり、逆に小さくて違和感がある感じになったりすることがあります。こういったことを防ぐためにはセミオーダーで調節してもらうことで、自分にピッタリの医療用ウィッグを作ることができます。

最後にフルオーダーですが、長所としてはスタイルや髪色などを自由自在にオーダーできることです。完全に自分の髪の毛のように再現したい人はフルオーダーについて検討するといいでしょう。

医療用ウィッグと通常のかつらとの違い


医療用ウィッグと言ってもはっきりとした決まりがあるわけではありません。しかし、一般的には病気やケガなどをした人のために作られていることが多いので、髪質が自然に見えたり、ネットが柔らかい、通気性が良いなど快適に使用できるように作られているものが多くなっています。では実際に詳しく通常のかつらとの違いについてを紹介します。

まず通常のかつらですが、基本的には機械で植えられているウィッグがほとんどです。機械で人工毛を重ねて縫い付けていくので大量生産には向いていますが、付け心地としてはチクチクしやすく快適ではありません。安価に購入することができるので魅力的ですが医療用としてはあまり向かないタイプと言われています。また、自然さに欠けているので、例えば人からウィッグだということを気づかれてしまうこともあります。

続いて医療用ウィッグについて紹介しますが、通常のかつらとは違い、一本一本手植えで作られているのが特徴的です。職人が作っていくので違和感なく自然な髪質で仕上げることができます。また、通気性にも優れているため、長時間の装着でも不快感は少なめです。ウィッグをつけて快適に生活をしたいなら医療用ウィッグについて検討するといいでしょう。

医療用ウィッグの種類について


医療用ウィッグという言葉を聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。実際に作成をしようと思っている人もいるかと思いますが、作成にあたって知っておきたいのが医療用ウィッグの髪の種類です。大きく分けると3つあると言われているのでここでは3つの種類についてを説明します。

まず1つ目は人毛です。これは人毛に特殊な加工をして作られている医療用ウィッグのことを言います。例えば髪の質感や手触りで違和感を抱きたくない、与えたくないと思っている人もいるでしょう。人毛はこういった場合でも自然に仕上げることが可能です。例えばパーマやカラーといったアレンジもすることができます。お手入れもシャンプーをすることができるので手間はそれほどかかりません。常に清潔なウィッグを装着できるのは魅力的です。

続いて2つ目は人工毛と呼ばれている医療用ウィッグです。人工毛は合成繊維からできているウィッグです。例えばファッションの一部として使ったり、コスプレなどをする時に使用したりなどさまざまな場面で使用されています。合成繊維と言っても種類がいくつかあり、ポリエステル系からナイロン系までさまざまです。比較的安価に購入することができますが、熱や摩擦には人毛と比べて弱くなるので耐久性に欠けると言われています。

その他にも3つ目はMIX毛と呼ばれている医療用ウィッグが存在しています。これは人毛と人工毛をミックスした医療用ウィッグです。手入れも簡単で扱いやすく、アレンジも自由自在です。