医療用ウィッグと通常のかつらとの違い


医療用ウィッグと言ってもはっきりとした決まりがあるわけではありません。しかし、一般的には病気やケガなどをした人のために作られていることが多いので、髪質が自然に見えたり、ネットが柔らかい、通気性が良いなど快適に使用できるように作られているものが多くなっています。では実際に詳しく通常のかつらとの違いについてを紹介します。

まず通常のかつらですが、基本的には機械で植えられているウィッグがほとんどです。機械で人工毛を重ねて縫い付けていくので大量生産には向いていますが、付け心地としてはチクチクしやすく快適ではありません。安価に購入することができるので魅力的ですが医療用としてはあまり向かないタイプと言われています。また、自然さに欠けているので、例えば人からウィッグだということを気づかれてしまうこともあります。

続いて医療用ウィッグについて紹介しますが、通常のかつらとは違い、一本一本手植えで作られているのが特徴的です。職人が作っていくので違和感なく自然な髪質で仕上げることができます。また、通気性にも優れているため、長時間の装着でも不快感は少なめです。ウィッグをつけて快適に生活をしたいなら医療用ウィッグについて検討するといいでしょう。

■参考サイト■医療用ウィッグ
JIS規格の医療用ウィッグを販売している「REIZVOLL」です。